陰部の黒ずみはどうしておこる?メラニン黒ずみとは

陰部の色素沈着はメラニンが原因

img4120

陰部が黒ずむというのどういうことなのでしょうか。

汚れかと思ってお風呂でこすってみたけれど取れなかった!
そんな経験がある方もいると思います。
それもそのはず、黒ずみというのは汚れではなく皮膚の中で起こっている色素沈着です。

黒ずみの正体は角質にメラニン色素という成分が沈着することで起こります。
表面に付いてる汚れではないのでゴシゴシしても取れないんですね。

メラニン色素とは

黒ずみの原因はメラニンの沈着であることがわかりましたが、メラニン色素とは何なのでしょうか

メラニン色素にはいろいろな役割がありますがすごく簡単に言ってしまうと、肌を外からの刺激から守る成分です。

よく知られているのに日焼けがあります。
日焼けは皮膚の奥に紫外線が当たらないように傘のような役割をしてくれています。
なぜ陰部にも黒ずみができてしまうでしょうか
それはショーツの擦れやナプキンかぶれなど刺激があって、それから身を守るためなんですね。

陰部の刺激になることとは

陰部の刺激になる事はたくさんあります。
こんな小さなことでも刺激になるのというくらいの弱い刺激でも黒ずみを進行させてしまいます。
例えばパンツを履く時に擦れてしまったり、アンダーヘアを処理しているときにカミソリの刃が刺激になったり、歩く時に股が擦れたり、このようなことが刺激となって積み重なるとメラニン色素が溜まってしまいます。

ターンオーバーの乱れで色素沈着しやすくなる

メラニンはたまることがあっても、正常に皮膚が剥がれ落ちていけば黒ずみは解消できます。
ですが、どうしてデリケートゾーンは色素沈着したままになってしまうのでしょうかそれは陰部がもともと色素沈着しやすい場所だから
もともと黒ずみやすいところなので小さな刺激でも簡単に黒ずみが進んでしまいます。

それに加えて年齢でホルモンが増えたり、ターンオーバーが乱れてくるとメラニンが多く放出されたり黒ずみやすくなってきます。

陰部の黒ずみの効果的な解消方法

黒ずみはメラニン色素の沈着が進んだり、沈着したメラニンが排出されにくくなるというのが原因ということがわかりましたが、どんな方法で対策したら良いのでしょうか。

メラニンの黒ずみ対策はたくさん方法はあります。
美白クリームを使ったりピーリング剤を使ったりレーザー治療を行うなど色々な方法が考えられます。
それぞれメリットやデメリットがありますが、最初に行う方法としては美白クリームが良いと思います。

他の方法と比べて副作用も少ないですし、費用少なく抑えられます。
そして家庭で簡単に行きますので病院に行ったりする必要もありません。

美白クリームにはメラニンの沈着を抑えてくれる美白成分や、肌の調子を整えてくれる保湿成分や抗炎症成分などがたっぷり詰まっています。

美白クリームは石鹸と違ってずっとを塗っておけるので成分が浸透し、効果が長続きします。
そしてピーリングやハイドロキノンなどのような副作用が心配なく、レーザー治療のような高額の費用もかかりません。

それで黒ずみの治療が初めての方には黒ずみ改善クリームがおすすめなんですね。

こちらのサイトは陰部の黒ずみのことが詳しく書いてあります