まんこの黒ずみ対策!具体的な解消方法も

それでデリケートゾーンの黒ずみがひどい人はレーザー脱毛してもらえないこともあります。
脱毛といえば家でカミソリで剃るのが一般的でしょう。

img4162

カミソリで剃るとカミソリに歯が当たってそれが刺激になります。

特に2ヶ月も3ヶ月ものびっぱなしにしているならまだ別ですが、
1週間に1回とか毎日とかコーヒーのでムダ毛を剃っているとそれが刺激になって黒ずみになります。

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法

はいくつもありますが基本的な考え方は予防です。

メラニンの色素沈着が進まなければ将来的にはメラニンの汚れが皮膚と一緒に剥がれ落ちますので美肌になります。
こうすることでデリケートゾーンの黒ずみを解消とまではいかなくても予防することはできます。

そうしてたんオーバーが行われて3ヶ月ほど立場デリケートゾーンの黒ずみはだいぶ良くなっているはずです。
さん財布ほど立場未来にの沈着を抑えれば黒ずみが悪化しない

今ある黒ずみを何とかしたいいまある黒ずみをすぐに解消したいという方もいると思います。
そのための方法を3つ紹介します。

美容皮膚科に行くこと

市販のデリケートゾーンケアクリームを使うこと石鹸を使うことこの3つです。
美容皮膚科ではトレチノインハイドロキノンなどの美白クリームを使って強力に美白をします。

このハイドロキノンには今ある黒ずみを消す効果があり効果が高いです。
新しい副作用も大きめそしてレーザーで治療するレーザーで色素沈着を改善するという方法もあります。

これは費用が高額です。
20万円程度の予算が必要です。

クリームでケアする

次に自宅でできるクリームについてですが、自宅でできるクリームは
肌の負担が少なく医薬部外品指定になっているものであれば黒ずみに効果がありますのでまず

ケアしたことがないという方はこの方法でするべきでしょう。
そしてデリケートゾーン石鹸で洗うという方法ですが、デリケートゾーン石鹸は洗い流してしまうので黒ずみの効果はあんまりありません。

あんまり期待できないと思います。
美白クリームとセットで使うならまだです。
まだいいと思いますが単体で毎日洗ったところですぐに洗い流してしまうので残念ながら費用と時間が無駄になってしまうでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみを美白クリームで改善するにはデリケートゾーンの
黒ずみは美白クリームで会社をするのが一番手っ取り早くて副作用の心配
も少なく値段も安く一番取り組みやすいのではないでしょうか。

お医者さんに陰部を見せる必要がありませんし
薬局で恥ずかしい思いをしながらクリームを受け取る必要もないので
ネットで購入して家でこっそり濡れるので女性に人気です。
しかし美白クリームといってもいろんなクリームがあって効果がないクリームもあります

美白成分が医薬部外品指定になっていないものなどもありますのでクリームを選ぶときは細心の注意を払う必要があります。
そこでここではデリケートゾーンの解消クリームを選ぶ基準を紹介します。

ポイント3つです。

  1. 美白成分にトラネキサム酸喉の医薬部外品が使われていること
  2. デリケートゾーンに使っても良い配合になっているクリームであること
  3. そして次に大事なのは値段です。

バカ高いクリームは効果があっても長く続けられません。

黒ずみは3ヶ月以上かけない取れませんので
3ヶ月4ヶ月自分が続けられると思う過去のものを選んでください。
1か月では絶対取れませんのでこの点だけは注意しておいてください。

美白成分は慎重に選びましょう。
ビタミンc誘導体
トラネキサム酸
ハイドロキノンなどがありますが
ハイドロキノン効果が強め