陰部の黒ずみが気になるシーンがある

水着を着たり温泉へ友達と一緒に行ったり彼氏とお泊まりに行く何という時についつい気になるのは陰部の黒ずみです。

img4158

黒ずみはできることならなくしたいそう思うのは自然なことです。

私もそう思います。

顔の場合は専用の美白化粧品が色々売られていますが、陰部のものは薬局を言ってもなかなか見つけることができません。

しかし陰部用に黒ずみが良くなると言って販売されている石鹸があります。

本当に石鹸だけで黒ずみ理由はできるのかお風呂で洗うだけで黒ずみが取れるなら簡単です。

ぐにでも取り入れてみたいところです。

そこでこのページでは陰部の黒ずみに石鹸が効果があるのかということを紹介したいと思います。

黒ずみに効果がある石鹸はあるのか

黒ずみに良いと言われてる石鹸はやはりジャムウ石鹸です。

陰部専用ソープとして日本でも人気でずっと販売されています。

その中でも特に長くベストセラーになっているのがジャムウハーバルソープです。

ジャムウハーバルソープ2003年の発売からずっと売れ続けているジャムウ石鹸の1つ他にチューブタイプのジャムウ石鹸もあってロンタルハーバルジェルソープ喉がそのようなれいです。

ジャムウソープとは何なのかというと、主に天然のハーブや薬草などから取り入れている成分を配合した天然歯の石鹸で陰部を洗浄するときに刺激がなく、臭いに効果的な成分が入っているので臭い消しとしてよく使われています。

におい消しとしての効果はさておきジャムウ石鹸は陰部の黒ずみにきくのでしょうか。

ジャムウ石鹸を陰部に塗ってみた結果

ジャムウ石鹸を使ってみたところ1週間ほどで臭いがかなり良くなってきました。

それで良い感覚をつかめた感じで2週間目からはもっと効果的だと言われているジャムウ石鹸の泡パックを始めました。

泡パックというのはパフなどで石鹸を泡立ててを立てた泡を手にとって陰部に塗ってそれで汚れを落とすという方法の洗い方です。

これは陰部の臭いを取るのにとても有効な方法です。

それで黒ずみにもいいかもしれないと思って3ヶ月ほど続けてみました。

最も泡パックというのは3分間放置しておかないといけないので体を洗ったり色々していても結構時間が余ってしまって私にとっては大変なことだったのですが、とてもとても、黒ずみに効くのか確かめたかったので頑張りましたしかし3ヶ月経っても黒ずみにはあんまり効果がなかったのです

とても残念でしたもしかしたら他の方では黒ずみが取れるのかもしれませんが、私の場合は効果が全くなかったんです。

黒ずみにはやはりクリームが必要

ジャムウ石鹸は陰部石鹸として結構長い間陰部に使っています。

臭いにはとても効果的だと思います。

しかし黒ずみのケアの効果としてはあまりという感じでした。
やはり顔と同じで石鹸で洗うだけでは黒ずみが取れないのかなという感じです。

顔でもやはり洗顔石鹸だけでは黒ずみは綺麗にならなくてシミ消しとか美容液とかを着けると思います。

陰部の黒ずみもやっぱり石けんだけでなくてクリームや美容液とようなものを使わないと駄目なんじゃないかなと思いました。

陰部にジャムウ石鹸を使い始めて1年ぐらい経ちますが、肌の状態はとても良く肌がしっとりしているのはという漢字をします。

ですのでお肌のケアには続けてもいいかもしれません。

ビタミンc誘導体とトラネキサム酸の違いは

メラニンの生み出すメラノサイトの作用を抑えるという働きがあり
メラニン色素を生み出す前の段階にもアプローチできます。

ですのでできればビタミンc誘導体よりトラネキサム酸の入ったものの方が効果があります。

人によっては3ヶ月では効果がなく6か月ぐらいならないと黒ずみが治ってこない人もいます。

特に

  • 40代30代の女性で妊娠している方や
  • ホルモンバランスがストレスで乱れている方など
  • そして加齢でターンオーバーが遅くなっている人

は6か月ぐらい続けないといけないかもしれません。

それで値段の設定はとても重要で6000円のするようなクリームを6か月も飲み続けると36000円はかかってしまいます。
ですので4000円代で買えるそして効果のあるクリームを選ぶ必要があります。

イビサクリームがおすすめ
デリケートゾーンの黒ずみを改善するにはイビサクリームがおすすめです。
それは3つのポイントをクリアしているからです。

美白成分にトラネキサム酸が使われておりメラニンに2つの段階からアプローチできます。
そしてデリケートゾーンに使っても、副作用が起こらないような配合になっており危険な事もありません。

そして値段がポイントをクレジットカードで支払うと4470円になってとても安いです。
定期コースは2回までで解約できます。